高級食パン専門店5選|福岡で今話題の食パンはコレだ!

公開日

muto編集部

高級食パン専門店の登場が相次ぐ福岡県内で、今チェックしておきたい話題の店を5店舗セレクト。パン好きはもちろん、まだ高級食パン未体験の方もコレを参考にぜひお試しください!

ここに決めた|素材にも焼き方にもこだわる高級食パンの決定版

空前の食パンブームの中、本当に美味しいを探している人も多いのではないでしょうか。そんな方にこそ知って欲しいのが「ここに決めた」。8月にオープンした太宰府本店に続き、同月には野間でポップアップ店もオープン。さらに9月16日には原店がグランドオープンと、その勢いが止まりません。
「ここに決めた」の記事はこちら!

ここに決めたのパンは頂< ITADAKI(プレーン)>800円、蜜<MITSU(レーズン) 980円>の2種。色鮮やかでポップな外観が目印に。

panya芦屋|安心・安全にこだわった最高級食パンの専門店が九州初オープン

兵庫県芦屋市に本店を構え、全国12店舗を展開している最高級食パン専門店「panya芦屋」が今年6月に福岡・天神の商業施設・カイタックスクエアガーデンの1階にオープン。一つひとつ丁寧に低温長時間熟成してベストなタイミングで焼き上げたパンは、耳までやわらかく仕上がっています。
「panya芦屋」の記事はこちら!

panya芦屋は、トーストすると甘みが増すSelect(セレクト) 650円と優しい甘さとバターの香りが口に広がるPremium(プレミアム) 750円の2種で展開。

贅沢生食パン工房 鎌倉屋|パン屋激戦区福岡市東区でも注目のお店

おいしいパン屋さんが多い激戦区でもある福岡市東区で、2018年11月にオープンして以来、人気の「贅沢生食パン工房 鎌倉屋」。ほかではなかなか見られないようなフレーバー食パンもそろえ、近くのファミリー層はもちろん、わざわざ車で買いに来るファンも多いのだそう。
贅沢生食パン工房 鎌倉屋の記事はこちら!

彩りも美しい名物食パンの「常盤緑宇治金時」と「撫子博多めんたい」。どちらもハーフサイズ400円。

VIKING BAKERY F|世界に通じるサンドイッチを目指す高級食パン

2020年春に福岡市・平尾エリアにオープンした「VIKING BAKERY F」。「世界に通じるサンドイッチを生み出す」ことを目指し、その原点ともいえるおいしい食パン作りに取り組んだがこの店の特徴。自家製天然酵母使用・完全無添加の食パンを中心に、イートインメニューや季節や彩りを楽しむサンドイッチも大きな魅力です。
「VIKING BAKERY F」の記事はこちら!

オープン以来人気なのは、小麦本来の旨味と香りを最大限に引き出したプレーン(2斤)850円と、しっとりふんわり軽い食感のくちどけホワイト(2斤)800円。

高級食パン専門店 嵜本|全国展開する完売必至の人気店

チーズタルト専門店の「PABLO」のオーナー嵜本氏が手がける高級食パン専門店「嵜本」。2019年10月に福岡市・藤崎に上陸して約1年、商業施設での催事に登場しては行列ができ、早くも2店舗目を博多駅に出店するなど、その勢いは止まるところを知りません。
高級食パン専門店 嵜本の記事はこちら!

極生“ミルクバター”食パン(2斤)950円(税込)と極美“ナチュラル”食パン(2斤)900円(税込)の2種の定番食パンだけでも1日600本以上焼くのだそう。

関連記事