NORQAIN|新進気鋭の時計ブランドが新モデルをリリース

公開日

muto編集部

2018年にスイスに創業した新進気鋭の時計ブランド『NORQAIN(ノルケイン)』。そびえ立つ高い壁を越えようとする者のチャレンジ・スピリットをかきたて無限の感動を与えることを約束するNORQAINが、2020-2021のニューモデルを発表しました。その美しさの中に証明するスイスクォリティの情熱を感じてください。

2020年新作コレクション、新たな3つの頂きがついに日本上陸

正統のデザインにスイス時計の真髄を見る「FREEDOM 60 GMT」

FREEDOM 60 GMT|日本初上陸モデル マニュファクチュールキャリバーNN20/2搭載

「FREEDOM 60 GMT」は、ステンレススチールモデルがブラック文字盤、ブロンズモデルはシダーブラウン文字盤を採用。また文字盤の中央には、美しく視認性の高いGMTスケールを装備させました。18時から6時までの夜間の時間帯表示はアンスラサイトグレーまたはブラックのハーフリング、6時から18時までの日中の時間帯表示は白のハーフリングがデザインされています。GMT機能により2番目のタイムゾーンの時刻をすばやく確認できます。文字盤を保護するのは、60年代の時計のデザインを彷彿とさせる傷のつきにくいドーム型サファイアクリスタルガラスです。
さらにノルケインとケニッシ社が共同製作した「キャリバーNN20/2」を搭載。革新的なローカルジャンピングアワーGMTを搭載するこのメカニズムは、スイスでも極めて限られた独立ブランドにしか供給されません。

(左)世界限定300本ブロンズモデル シダーブラウン文字盤 / ¥440,000+Tax
(右)ステンレススチールモデル ブラック文字盤 / ¥367,000+Tax

39MMのスタイリッシュなサイズ「FREEDOM 60 39MM」

FREEDOM 60 39MM|日本初上陸モデル マニュファクチュールムーブメントNN20/01搭載

ノルケインのNN20/1は直径26.0mm、70時間パワーリザーブ。これはスイス時計において実に数十年ぶりの飛躍的な革新でした。NN20/1の魅力を洗練された39MMサイズとデザインに凝縮したのがこのモデルです。
「FREEDOM 60 39MM」は、ケース径は39mm、厚さ11.7mmです。この美しいプロポーションは、コンパクトで薄型のノルケイン製マニュファクチュールキャリバーNN20/1により達成されたものであり、多くの時計愛好家が長い間望んでいた仕様です。
ステンレスモデルは、スタイリッシュなアンスラサイトグレー文字盤、ブロンズモデルは、深みのあるクリーム文字盤が用意されます。また、ブロンズケースは、シリコンアルミニウムブロンズ合金製。一般的に見られるローズカラーのブロンズとは素材合成が異なり、腐食や摩耗に対して高い耐性を誇ります。

(左)ブロンズモデル クリーム文字盤 / ¥370,000+Tax
(右)ステンレススチールモデル アンスラサイトグレー文字盤 / ¥350,000+Tax

クロノグラフの価格帯を超えた「ADVENTURE SPORT CHRONO DAY/DATE 41」にノルケイン・クオリティを知る

ADVENTURE SPORT CHRONO DAY/DATE 41|スイス時計のプロフェッショナルが驚嘆した入魂の美しさがここに

ノルケインの時計には、正真正銘のスイスクオリティを質実な価格で提供するという強い意志が込められています。その真髄とも言うべき「ADVENTURE SPORT CHRONO DAY / DATE 41」がいよいよ日本に上陸です。
41mmという洗練されたサイズ。縦3つ目と呼ばれる位置に配置されたサブダイヤル。実用性とデザイン性を兼ね備えたデイデイト表示。そして、「ADVENTURE SPORT CHRONO DAY / DATE 41」のデザインアイディンティである赤い先端を持つクロノグラフ秒針。また、すべてのノルケインの時計と同じく、サファイアクリスタル製のケースバックからは、機械式クロノグラフムーブメントの動きを眺めることができます。
文字盤は「NORQAINパターン」が施されたブラックとオーシャンブルーの2色。デイデイト表示を3時位置に、3つの文字盤同色のサブダイヤルを6時、9時、12時位置に配置。サブダイヤルにはスチールリングが施され、デザインにエレガントな要素を加えています。サブダイヤル同色の文字盤デザインの中に、赤い先端を持つクロノグラフ秒針が際立ちます。

(左)オーシャンブルー文字盤 / ¥340,000+Tax
(右)ブラック文字盤 / ¥342,000+Tax

Information

関連記事