濃厚味噌の人気店が九州初上陸|旭川味噌ラーメンばんから

公開日

muto編集部

東京の人気ラーメン店「東京豚骨拉麺ばんから」を展開する株式会社 花研が、九州圏内のラーメン激戦区・北九州に、味噌ラーメンブランド「旭川味噌ラーメンばんから」をオープンさせました。花研初の九州初出店となるこの店が福岡に味噌ラーメンブームを起こす?!

濃厚味噌が人気の「旭川味噌ラーメンばんから」が九州初上陸!


2020年12月北九州・陣原に誕生した「旭川味噌ラーメンはんから」は、関東エリアを中心に多くのファンを持つラーメン店「東京豚骨拉麺ばんから」の味噌拉麺バージョンとして展開されたブランド。スープの核となる味噌は、代表の草野直樹氏が完成するまで旭川に通い詰め、丸6年もの歳月をかけた唯一無二のものを使用してい流のだそう。オープン当時から不動の人気シグネチャーメニュー『角煮ばんから』や、 2020年に登場した新メニュー『極味噌』、さらにお子様メニューまで幅広いメニューがラインナップします。

大きな角煮が目を引く䜀んからラーメン䛾代表とも言えるシグネチャーメニューの「角煮ばんから」(990円・税込)。麺は角煮との相性が抜群の中細麺を使用。熟成された甘味たっぷりの背脂スープとこってりした旨味がクセになる

濃厚な味噌を思う存分楽しめるだけでなく、繊細な味のバランスまで体感できる「極味噌」(1,100円・税込)。 極限まで進化させた正統派進化系味噌ラーメンは2020年に登場した渾身の新作で、6種のトッピングに別添えの柚子も付く。さまざまな味の変化も楽しい一杯に

3種ラーメンで国内外に展開する「東京豚骨拉麺ばんから」

1998年2月、東京・池袋で創業して以来、濃厚な味の「豚骨醤油」、クリーミーで臭みのない「とんこつ」、濃厚でご飯と抜群の相性「味噌ラーメン」の3本柱のラーメンを提供し、多くのラーメンファンら支持されるら「東京豚骨拉麺ばんから」。こちらの代表作でもある角煮は、2日間かけて作り上げられ、箸で切れるくらいトロトロで口の中に入れたと同時に旨味・甘味が広がる仕上がりに。現在、首都圏を中心に国内30店舗、海外 9店舗を展開しています。

「ラーメンで世䛾中を元気にする」をコンセプトに掲げ1997年に花研を創業した代表の草野直樹氏

店舗情報

店名

旭川ラーメンばんから 陣原店

住所

福岡県北九州市八幡西区陣原4-2-45

連絡先

093-616-2771

営業時間

11:00〜24:00 ※状況により変更する場合があります