おらおらでひとりいぐも

田中裕子・蒼井優・濱田 岳・青木崇高・宮藤官九郎が集結
映画『おらおらでひとりいぐも』

公開日

muto編集部 岡浩行

© 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん。孤独の先で圧倒的な自由にたどり着いた桃子さんの“進化”の物語。若竹千佐子のデビュー小説、芥川賞受賞作の映画化!

芥川賞&文藝賞をW受賞した若竹千佐子のデビュー小説、待望の映画化

原作は、55歳で夫を亡くした後、小説講座に通い始め主婦業の傍ら執筆、63歳の新人作家として注目を浴びた若竹千佐子の同名小説。
本作を発表するやいなや「これは“私の物語”だ」と絶賛を浴び、史上最年長で第54回文藝賞を受賞、第158回芥川賞もW受賞し、現在60万部超えのベストセラーとなっています。
日本のみならず、韓国、中国といったアジア圏をはじめヨーロッパでも翻訳版の刊行が進んでいる中、 待望の映画化となりました。

75才の桃子さん。ジャズセッションのように湧き上がる“寂しさ”たちとともに賑やかな孤独を生きる―

1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。
あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫に先立たれ、 ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。
しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた! 孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。

おらおらでひとりいぐも

監督・脚本を務めるのは、『モリのいる場所』の大ヒットも記憶に新しい沖田修一監督。
『南極料理 人』『横道世之介』『滝を見にいく』など、ユーモアとペーソスが同居する繊細な演出力で紡がれた作 品世界は、ブルーリボン賞最優秀作品賞はじめ数々の映画賞で賞に輝き、熱狂的なファンを生み出して います。

おらおらでひとりいぐも

主人公”現在の桃子さん”(75歳)を演じるのは、本作が実に15年ぶりの映画主演となる田中裕子。“娘の時代・妻の時代”の桃子さんには蒼井優が熱演します。桃子さんの夫・ 周造役に東出昌大、桃子さんの“心の声=寂しさ1・2・3”に濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎という豪華俳優陣が集結。

主題歌を担当するのは、是枝裕和監督作『海よりもまだ深く』以来4年振り映画主題歌となるハナレグミ。また『万引き家族』で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞した撮影監督・近藤龍人と照明・藤井勇、美術に安宅紀史を起用。

新しい日常を生きる今――不安や寂しさを受け入れて力強く歩みを進める桃子さんの姿が優しく響く、可憐でたくましい唯一無二の感動作が誕生しました。

『おらおらでひとりいぐも』オリジナルトートバックをプレゼント!

『おらおらでひとりいぐも』の公開を記念して、mutoをご覧の方にオリジナルトートバックを5名様にプレゼントいたします。

おらおらでひとりいぐも

mutoのTwitter〈@muto_dip_s〉より応募ください。

[応募方法]
mutoのTwitter〈@muto_dip_s〉にアクセスいただき映画「おらおらでひとりいぐも」のツイートをフォロー&いいねしてください。
その後、Twitterのメッセージにて、「おらおらでひとりいぐもオリジナルトートバック希望」と記載し、送信ください。
当選者には、編集部よりご返信いたしたのち、ご指定の送付先に発送いたします。

応募はコチラ→muto Twitter

[関連記事]青山真治監督7年ぶりの長編映画 『空に住む』
[関連記事]祝!第77回ベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞 黒沢清監督「スパイの妻」

Information

タイトル

おらおらでひとりいぐも

監督・脚本

沖田修一

原作

若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(河出文庫)

キャスト

田中裕子、蒼井優、 東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子

公開

11月6日(金)中洲大洋、T・ジョイ博多ほか全国にて公開

製作

『おらおらでひとりいぐも』製作委員会

配給

アスミック・エース