フランス文化を堪能できるガラ・パーティー福岡。今年も開催決定。

公開日

muto編集部

今年7回目を迎える九州最大の日仏交流イベント「ガラ・パーティー福岡」。ドレスアップした大人の社交場が、今年もホテルニューオータニ博多に登場。喧騒を忘れて優雅なひとときをいかが?

在日フランス商工会議所 ガラ・パーティー福岡。最高のフランス料理・ワインとピアノが奏でる至福の時と空間。

2014年の第1回開催から今年7回目を迎える「在日フランス商工会議所ガラ・パーティー福岡」は、日本にいながらフランスの文化を堪能できるのみならず、日仏のビジネスマンが集うネットワークイベントとして開催される「九州日仏交流のための特別な晩餐会」だ。
福岡市姉妹都市のボルドー市も後援。ボルドーワインと共にドミニク・コルビシェフが腕を振るう特別メニューは、九州の食材とフランス料理がマリアージュしたスペシャリテを準備。ピアノコンサートでは、著名音楽家を多数輩出しているフランスパリの名門私立音楽学院 エコールノルマル音楽院を卒業したデュオピアニスト後藤姉妹のピアノ演奏が行われる。

日本フレンチ界の巨匠ドミニク・コルビ氏のフレンチと割烹料理が融合した特別メニューを堪能。

来日25年、数々の星付レストランで修行後、フランスパリの「ラ・トゥール・ダルジャン」本店副料理長に就任。その後も数々の名店にて総料理長やガストロノミープロデューサーとして世界各国で精力的に活躍するドミニク・コルビ氏。銀座「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」では、日本の伝統食材や和の調理法を取り入れたクラシックモダンなフレンチを提案しミシュランの星を獲得。日本国内の地域食材を活かした料理で定評がある。料理は、ワインはもちろん日本酒ともよく合い、新たなマリアージュが楽しめる。

音楽の都ウィーンで過ごした後藤姉妹が奏でるピアノにも注目。

福岡市出身・青春時代を音楽の都ウィーンで過ごした姉妹デュオが奏でるピアノの音色に酔いしれるひと時が楽しめる。
(左)後藤栞/4歳より母のもとでピアノを始める。ウィーンの音楽大学に進学後、トーマス・クロイツベルガーに才能を認められる。パリのエコールノルマル音楽院に編入し、優秀な成績で卒業後帰国。2018年姉の葵と共に「もののけ姫」の米良美一と共演、大好評を得る。
(右)後藤葵/4歳より母のもとでピアノを始める。16歳という若さでウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学(現ウィーン市立芸術大学)に最年少で入学、同大学を優秀な成績で卒業後、パリのエコールノルマル音楽院に進学、さらなる研鑽を積む。ポーランド国際ピアノコンクールモーツァルト賞等数多く受賞。
2017年笠青峰記念館で姉妹デュオの出演をきっかけに、姉妹デュオの活動を本格的に始め2018年「4Haende Klavier」CDデビューを果たす。

日時

9月23日(水) 受付開始:18:30〜 ディナー会始:19:00〜

参加費

お一人36,000円(税込)

ドレスコード

男性 タキシード、ダークスーツ、女性 華やかなドレスやお着物

座席予約の問い合わせ先

在日フランス商工会議所ガラ・パーティー福岡事務局
(Fukuoka Now/フクオカ・ナウ)担当:Emiko SZASZ/サーズ恵美子

Eメール

contact@fukuoka-now.com

会場

ホテルニューオータニ博多 4階 鶴の間
福岡市中央区渡辺通1-1-2