ここは日本の西北海岸にある海辺のゲストハウス[spotlight page 1]

2018年2月にオープン。海と国有林が広がるロケーションに佇むbbb haus。カフェ、レストラン、ショップ、ゲストハウスが備わっている。

B・B・B POTTERS。福岡では誰もが知るライフスタイルショップ。

福岡市薬院のショップは、ささいな日常への彩りと身近なディテールに心を寄せるちょっと、いや、かなりおしゃれな来店者でいつも賑わっている。ここ最近では、アジア各国をはじめ、海外から訪れる観光客の姿も多く、福岡の魅力的なスポットとしてますます注目されている。そんなB・B・B POTTERSが一昨年、オーナーの長坂透さん、石井風子さん夫婦がプロデュースした大人のためのゲストハウス「bbb haus」を糸島に完成させ話題となったことは記憶に新しい。今年も1月20日から2月14日までのオフシーズンを終え、まもなく営業をスタートさせる。

”ゲストハウス“と謳われたこの宿泊施設、福岡市内から車で約1時間、糸島半島の玄界灘に臨む玄海国定公園内の緑豊かなシチュエーションに佇む。もとは、1970年代にある企業の保養所として建てられたという建物をオーナー夫妻が訪れ、周辺の手付かずの自然を見て一瞬にして惹かれたのだという。建物の山側は糸島の名山、可也山。海側は、国定公園のありのままの森林。懐かしく愛おしい地の力にこの場所で展開する宿泊施設のアイデア、様々なインスピレーションが浮かんだ。それは、北欧家具をメインにしたインテリアを長坂さん、雑貨を妻である石井さんと共に夫婦で立ち上げた30年間の足跡をもう一歩未来に繋げる予感に満ちたものだったのかもしれない。

全5室。1部屋ごとにブランドやデザイナーが違うインテリアで統一されている。アルネ・ヤコブセン《Eラウンジチェア》、イームズの《ハングイットオール》、ジョージ・ネルソン《プラットフォームベンチ》、などの名品がさりげなく配置されている。

このゲストハウス、客室は5部屋のみ。ヤコブセン、イームズ、ウェグナーなどの家具作品が並ぶ。当時の建築の良さを残しつつアメニティからカトラリーのひとつひとつまで細部にこだわった設えは、訪れる者がモノの目利きであればあるほど驚きと喜びの体験となるはず。また、「bbb haus」は、ホテルではなくゲストハウスという呼称に表れているように、けして過剰なサービスを提供するのではなく、お客様との程よい距離感を大切にし、自身のペースで滞在を楽しんでほしいというメッセージが込められている。有名リゾートホテルのような24時間対応のコンシェルジェも派手なアクティビティもない。あるのは、豊かな木々の連なり、樹木と海の潮風をブレンドした香り、肌を撫でる季節ごとに変わる風の音。逆に無駄なものを極力削ぎ落としたからこそ、”あるもの“には、徹底的にこだわった。客室のベッドリネン、タオル、ヘヤ・ボディーシャンプー等々。長期滞在者向けのミニキッチンもあり、こだわり尽くした器や調理器具が揃う。近くの糸島産の食材を買って来て利用するゲストも多いとか。もちろん、併設するレストランでは、新鮮な野菜、魚介類を使ったメニューが並び宿泊客は、朝食と夜のコースを楽しめる。

21世紀も20年が過ぎた。私たちの行動も、生活も、趣味嗜好も、ますます多種多様な選択肢に溢れている。でも、日々の慌ただしさ、忙しさだけはあいも変わらずな気がするのはなぜだろう。

なにもない場所で、なにもしない。そんな時間があってもいいはずだ。
豊かさとは…。その答えが「bbb haus」で見つかるかもしれない。

朝と昼、サンセットタイムから夜までガラス一面に広がる景色がそれぞれの光でシーンを作る。ディナーは、季節によってメインがジビエ料理になることもある。

季節の食材を使用したサラダ、スープ、サンドイッチなどの軽食やスイーツ、オリジナルブレンドのコーヒーなどが用意されている。ドライブの途中の休憩としても楽しめる。

宿泊者用ラウンジスペース。有名デザイナーの名作家具やヴィンテージの棚、ソファが並び視界の先には玄界灘を望む。

INFORMATION
名称bbb haus
住所福岡県糸島市志摩小金丸1897
TEL092-327-8020(ご予約 11:00~18:00)
WEBhttp://www.bbbhaus.com/

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

感動アイランド 五島
休日はシンガポール
歴史あるスポーツカーメーカーの血統を受け継いだSUV