洗練された日常性を備えたハイスピードクルーザー「マクラーレンGT」[spotlight page 1]

最高速度300キロを大きく上回る、異次元の性能を持ったスーパースポーツカーの世界。かつてここはイタリア、あるいはドイツ勢による熾烈な覇権争いが繰り広げられていたが、その勢力図を大きく変える存在となったのがイギリスの名門マクラーレン。

1963年、ブルース・マクラーレン氏が設立したレーシングチームはフォーミュラワンや北米のCan-am(カンナム)レースで活躍。一方、同氏はこの時代から構想としてロードカー作りへの可能性を模索。1969年にはプロトタイプ「M6GT」を生み出すも、自身の急逝により計画は暗礁に。しかし、同氏の意志は後年、1988年度のフォーミュラワンにおいて16戦15勝という偉業を成し遂げたマシン、マクラーレンMP4/4を手がけた天才デザイナー、ゴードン・マーレィ氏へと受け継がれ、1991年にV型12気筒エンジン搭載の3シーターミドシップカー「F1」として結実。100台弱という生産台数(諸説あり)ながら、マクラーレン製ロードカーとしての先鞭をつける。そして、ここからさらに20年近い時が過ぎた2011年に発表されたMP4-12Cは、車体のみならずパワーユニットも完全自社開発によるV型8気筒ツインターボを採用。自動車メーカーとしての歴史に大きな一歩を記すメモリアルモデルとなった。以降の躍進は目覚ましく、2019年だけを見てもスピードテール、720Sスパイダー、600LTという3車種をリリース。現在ではコンセプトによりセグメントされた「スポーツ」、「スーパー」、「アルティメット」という3つのシリーズを展開するほどの充実ぶりを見せている。
今回ここで紹介するGTは、そのいずれにも属さない新たな4番目のシリーズの担い手としての期待が込められたニューモデル。グランドツアラーというネーミングにも象徴されている通り、GTはロングディスタンスのクルージングを快適にこなせるだけのラグジュアリー&コンフォート性を追求。シャシーはモノセルII-Tと名付けられたカーボンファイバー製で、グラスエリアが広く取られた開放感のあるキャビンは静粛性にも配慮。上質なマテリアルがふんだんに用いられたインテリアも、ハイエンドカーにふさわしい空間を演出。さらに注目すべき点は、電動開閉機構を備えたリアゲート内に設けられたラゲッジスペース。キャビンの後方部分にエンジンを搭載するミドシップ車は、車体前後の重量バランスの最適化により得られる運動性能面における優位性と引き換えに、荷物の置き場など実用性というファクターには目をつむることが暗黙のセオリーともされてきた。これに対し、GTはエンジンの搭載位置を下げ、エキゾースト系のレイアウトを工夫することで、ゴルフバッグを収納することができる420リットルの容量を確保。フロント、ボンネットフード内のトランクと合わせると570リットルという余裕の積載能力が備えられている。

もちろん、卓越したドライバビリティで並みいるライバルを凌駕して来たマクラーレンファミリーに名を連ねる一台だけに、パフォーマンスは超一級。エンジンは最高出力620馬力を発生するV型8気筒4リッターツインターボを搭載。静止状態から時速100キロまでの加速は僅か3.2秒で、メーカー公表による最高速度は326km/hとなっている。

このように画期的なパッケージングのもと、究極のオールラウンダーとしての極めて高い潜在能力を秘めたGT。福岡市東区の正規ディーラー、マクラーレン福岡では、本格的なデリバリーの開始を前にした先行試乗会の開催が予定されている。マクラーレン社自らが「New Rules」と銘打つなど、これまでのシリーズには見られなかった新たな解釈の元に誕生したGTの魅力をぜひ、ショールームにてご確認を。なお、試乗会への参加に関する詳しい申し込み方法については下記、および同社サイトを参照いただきたい。
McLaren GT 先行試乗のご案内
muto読者限定で最新モデル先行試乗にご招待します。ラグジュアリーで快適な走りを、一足先にお届けします。
※先行試乗は10月より受付順にてご案内させていただきます。
申込期間10月14日(月)まで
申込方法こちらのフォームからお申し込みください。
http://forms.gle/cGquy5SpsFK9g66u8
お申込み資格 試乗お申込みは、以下の条件をすべて満たしている方に限らせて頂きます。
□ 日本国内にて普通自動車免許取得後1年以上の方
□ 自己の過失による、事故、車両破損があった場合、補償能力がある方
□ 応募時点で満26歳以上の方
□ 試乗後、簡単なアンケートにご協力頂ける方
お問い合わせマクラーレン福岡
〒812-0063 福岡県福岡市東区原田4-30-8
TEL.092-611-8899
営業時間10:00~19:00 (日・祝 10:00~18:00) 水曜定休日
Emailinfo@fukuoka.mclaren.com
WEBhttp://www.fukuoka.mclaren.com/

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

実現しなかった「建築」にこそリアルを感じる、『インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史』展、開催中
洗練された日常性を備えたハイスピードクルーザー「マクラーレンGT」
旬の野菜を堪能するヴィーガンランチを「ザ・ルイガンズ. スパ&リゾート」で