12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演[spotlight page 1]

寒い季節にあったかいダンスの時間

no24_spotlight04_02
NHK Eテレの人気番組「みいつけた!」のダツイージョとしても知られるなど、近年めざましい活躍を遂げる古家優里が率いるダンスカンパニー「プロジェクト大山」。2006年に結成されて以来、2009年の横浜ダンスコレクションRにて「審査員賞」受賞、2010年には「トヨタコレオグラフィワード2010」にて“次代を担う振付家賞”を受賞したほか、2011年『キャッチマイビーム』、2012年『みんなしってる』『ホルスタイン』、2013年『ファンタジー』、2016年『それでもおどって』など数多くの作品を発表。長塚圭史演出のシス・カンパニー公演「ガラスの動物園」振付・出演、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作演出公演等、演劇作品での振付も手がけてきた。

主宰・古家は、2013年以降、福岡に移り住み、福岡のダンサーたちと創作した『ハートマン』は、2014年より現在まで3バージョンを発表。福岡市内の小学校にアーティストを派遣して体験学習を行う、「アーティストと出会う」(福岡市文化芸術振興財団主催)では講師も務め、福岡のダンスシーンを盛り上げるうえでも大きな力になっている。
no24_spotlight04_01

©羽鳥直志 愛知県芸術劇場

メンバー全員がお茶の水女子大学舞踊教育学コース卒業という経歴を持ち、これまで国内外の公立ホールやフェスティバルの舞台に立ち、多くの反響を得てきた「プロジェクト大山」。カンパニー結成12年目を迎えた2018年、新たな一歩を踏み出す気持ちで「“あいまい”ってスバラシイ!」をコンセプトに、東京・福岡の2都市で新作を披露する。奇抜ながら、どこか親しみを感じられるような衣裳とユーモラスな振付、豊かな表情が魅力の大山作品は、ダンスが好きな方はもちろん、初めてダンスを観る方にとっても楽しめる内容になっている。

息が白くなる12月、メンバー4人によって繰り広げられる、熱く息の合ったOH!Yamaスタイルの「すばらしき あいまいな世界」を観に出かけよう。
福岡公演
名称プロジェクト大山2018新作ツアー「すばらしき あいまいな世界」
日時2018年12月8日(土)16時開演・9日(日)14時開演
会場福岡市科学館6Fサイエンスホール(福岡市中央区六本松4-2-1)
チケットチケットぴあ【Pコード488-818】、ローソンチケット【Lコード81985】
一般3,000円、学生(中学生以上)2,000円、3歳~小学6年生1,000円、親子ペアチケット(大人1名+3歳~小学6年生1名)3,500円
当日は一般のみ3,500円
*3歳未満入場不可。
※学生以下は当日、年齢確認できるものをご提示ください。
問い合わせプロジェクト大山:project.ohyama@gmail.com
(公財)福岡市文化芸術振興財団:092-263-6265(平日10:00〜17:00)
福岡公演特設サイト:http://ffac.or.jp/ohyama/

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生