2019年に創業50年を迎えるイタリア生まれ日本育ちのファニチャーブランド[spotlight page 1]

2019年に創業50年を迎えるイタリア生まれ日本育ちのファニチャーブランド

no22_spotlight_02_top01

BOURG

世界を舞台に活躍するデザイナー パトリック・ノルゲ氏とアルフレックスジャパンの製造技術とのコラボレーションから生まれた、シックで存在感のある対面式ソファ。 水平基調の伸びやかなフォルムやスチールのシャープな脚部にふくよかなクッションを用いることで、凛とした佇まいの中にも細やかなディテールが生まれ豊かな表情を作り出している。 ウレタンと贅沢に使用したフェザーにより、ファーストタッチは柔らかでありながら高い復元力と確かなホールド感を再現。アームとシートバックのクッションはファスナーでパネルに固定され、常に美しい表情をキープできるのも魅力の一つ。

家具の役割りとは、道具として機能することだけに留まらない。空間の支配率が高い家具だからこそ、その場の雰囲気や空気感などを作り出す役割りも担っている。だから、家具選びにこだわるということは、家族との暮らし方にこだわるということとも言える。

その考えをイタリアで学び、日本に広めたのが保科正氏。保科氏はイタリアで学んだ家具と家庭のより良い関係性を日本でも実践するため『アルフレックスジャパン』を立ち上げ、「モダン・ファニチャー」という家具の新しいスタイルを提案した。そして創業当初「リビングルーム」という概念すら新しかった時代から日本のモダン・ファニチャーを牽引し続けるアルフレックス・ジャパンは、来年で創業50年目を迎える。近年は大きく住宅事情も変わり、住宅市場のハイエンド化は加速。それに合わせるようにイタリアをはじめとするハイエンドファニチャーブランドが次々と参入し、モダン・ファニチャーの選択肢も拡大している。
no22_spotlight_02_01

アルフレックスジャパンでは、ソファをはじめダイニングテーブルや収納家具、照明器具といったプロダクトの提案はもちろん、それらを組み合わせた空間の提案も行っている。例えば福岡の某ラグジュアリーマンションでは「Molteni&C(モルテーニ)」を主軸にした空間を作り、居住者や来客にくつろぎの空間を提供。ほかにも別荘などセカンドハウスのファニチャーを提案し、より過ごしやすい空間をプロデュースする。

“そんな近年の市場でも、アルフレックスジャパンの人気は衰えることを知らない。その人気を支えているのが、時代やライフスタイルの変化に沿った製品の開発から製造、配送までを自社で行っている点。国内工場がある最大のメリットは優れたメンテナンスサービスができるということ。これは50年間自社で、長く使えることを追求したモノづくりを行ってきたアルフレックスジャパンならではのサービスといえるだろう。実際、このメンテナンスサービスの利用者の中には、結婚する子どもへソファを譲り渡し、世代を超えてひとつのソファを愛用する家族も多い。また、買い替えよりも直して使いたいという愛用者も多数いる。さらに、発表された自社製品の型紙は全て保管しているため、もし購入した製品が廃番になってもリペアが可能。

もちろん、くつろぎの空間を演出する卓越したデザインも人気の要因。特に細部までこだわるハイエンドモデルは登場するたびに話題となっている。2017年に登場した、スマートで洗練されたシルエットとレイアウトしやすい奥行き感で人気を博している「BOURG」はその代表格。また、上質なレザーをまとった「GRAN」、昨今人気の拡張型リビングにフィットする「BRERA」、ラグジュアリーソファの代名詞「GALE」なども人気のモデルとして多くのメディアに取り上げられている。半世紀の間、愛され続けたアルフレックスジャパンが、次にどんな進化をみせてくれるのか。彼らが歩む新たな50年に期待が膨らむばかりだ。
no22_spotlight_02_02

BRERA

イタリアのデザイナー セルジオ・ブリオスキによる、開放的でダイナミックなソファ『BRERA(ブレラ)』。 “ペニンシュラ”と呼ばれる背やアームのないユニットによる伸びやかさが特長で、これにより周辺の環境と双方向につながり、拡張型のリビングスタイルを実現している。

no22_spotlight_02_03

GALE

最高級のフェザーとダウンをたっぷりと贅沢に使用した、アルフレックスの中でも一際柔らかい座り心地のソファ『GALE(ガーレ)』。安定感のあるシートバックと広いアームは、モールドウレタン製。

no22_spotlight_02_04

GRAN

座ることを様々な形で楽しめる自由な発想が特長の『GRAN(グラン)』。ラウンド型のユニットでは周囲からアクセスしやすいことで人が集う中心となり、 直線型のユニットではフォーマルで端然とした佇まいを表現している。

no22_spotlight_02_05
PROPOSTA / ARFLEX FUKUOKA
福岡市博多区中洲中島町4-20
PROPOSTAビル 1F
[TEL] 092-262-5166
[WEB] www.proposta.net
no22_spotlight_02_06
ARFLEX TOKYO
東京都渋谷区広尾1-1-40
恵比寿プライムスクェア1F
[TEL] 03-3486-8899
[WEB] www.arflex.co.jp

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生