フランス発のジュエリーブランドが、ついに福岡上陸[spotlight page 1]

フランス・パリ発のジュエリーブランドが、ついに福岡上陸

no21_spotlight_01_01
1936年にパリのロワイヤル通りで創業したフランスのジュエラー、「FRED」(以下、フレッド)。各界の著名人が集まっていたレストラン「マキシム・ド・パリ」の向かいにあったこともあり、フレッドのジュエリーは”本物“を知り尽くした人々の目に止まり、高い評価を得ていた。フレッドが発信したのは当時としては珍しい、パールやカラーストーンを取り入れたものやジャン・コクトーなどのさまざまなアーティストとコラボレーションした作品。それらは創業者、フレッド・サミュエルの審美眼と自由な発想により生み出されたその時代のコンテンポラリーなジュエリーとして、多くの著名人に愛されるものとなった。

フレッドの創造性はインターチェンジブルのジュエリーとしても表現され、その代表作といえば「Force 10(フォース10)」。フレッド・サミュエルの長男が愛する妻のために、ヨットのケーブルを金具で留めて作ったブレスレットから着想を得て、1966年に最初のコレクションを発表。その後、2007年にはよりモダンなデザインにリバイバルされ、現代でも高い人気を誇っている。創業者の生まれ育ったラテンアメリカをコンセプトに誕生した「Pain de Sucre(パン ドゥ スークル)」。曲線美を描くカボションカットのカラーストーンが印象的で、2013年にはリングトップが交換できるインターチェンジブルリングも発表された。さまざまな幸運の象徴をモチーフに表現する「8°0(エイト デグリー ゼロ)は昨年創業80周年を記念して誕生したコレクション。フレッドの新たなジュエリーピースとして、注目を集めている。

そんなフレッドが10月13日(金)に九州に上陸。九州エリアにおける初のフラッグシップと位置づけされたこのブティックには、ジュエリーならではの高貴さを保ちながら、独創的で身につけやすいカジュアルさも感じることができる、”日常のラグジュアリー“と呼ばれるにふさわしいジュエリーコレクションが揃う。まずはご自身の目でフレッドのラグジュアリーな世界観を確かめてほしい。
no21_spotlight_01_02

[ Force 10 ]

フレンチリヴィエラのラグジュアリーなマリンスタイルを思わせる「フォース10」は、ヨットのシャックルとケーブルを元にデザインされ、エレガントさと力強さを兼ね備えたコレクション。同コレクションのカフブレスレット(写真)は、イエローゴールドとダイヤモンドを贅沢に用いたラグジュアリーラインのもの。この一つで、ブレスレットを重ねづけしているかのような豪華さを感じられる逸品。

no21_spotlight_01_03

[ Pain de Sucre ]

「パン ドゥ スークル」の特徴である独特なフォルムのカラーストーンは、ブラジル・リオデジャネイロのシュガーローフマウンテンからインスパイアされたもの。“自分色のリングに着替える”というリングの新たな楽しみを生み出したインターチェンジブルリングには、ジュエラーの遊び心も感じられる。胸元を彩る優雅なネックレスなども揃い、カラーストーンの魅力溢れるコレクションとなっている。

no21_spotlight_01_04

[ 8°0 ]

清楚なラインとエレガントな曲線を描き、永遠や無限のシンボルや数字の8を思わせるラッキーチャームのようなデザインが特徴的な「8°0(エイト デグリー ゼロ)」。その独特なビジュアルからは幸運を引き寄せつなぎとめる力強さを感じられる。創造性あふれるフレッドのコレクションの中でも独特のアティチュードを持つ「8°0」コレクションは、新たにダイヤモンドのファインジュエリーも加わり、身につけることでその輝きがより強く放たれる。

INFORMATION
店舗名フレッドブティック SOLARIA PLAZA
住所福岡市中央区天神2-2-43
電話番号092-733-7623
WEBhttps://www.fred.com/jp/

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生