『トランスフォーマー』シリーズの最新作にして最高傑作がいよいよ公開![spotlight page 1]

世界興収累計約4,200億円の大ヒット作に新たな歴史が

tf5-ff-004-cc

© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.© 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

2007年の第1作公開以来、大ヒットアトラクション・ムービーとして世界中で支持されている『トランスフォーマー』シリーズ。最終章の幕開けとされる最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が8月4日から公開となった。

監督は、1作目からメガホンを取ってきた“破壊王”マイケル・ベイ、主演は前作からのマーク・ウォールバーグが務める。監督は、長く続いたシリーズの集大成としてかつてないほど情熱を注いだと胸を張る。「これまでのシリーズとはまったく違う新しい作品で、スケールも壮大だ。2年ほど前に14人の才能ある脚本家たちが集まって、スピンオフ要素を盛り込んだストーリーを考案してくれた。スティーヴン・スピルバーグも『シリーズ最高』と評してくれたよ」と誇らしげに語っている。ストーリーはもちろん、1〜3作目まで登場していたジョシュ・デュアメル演じる軍人レノックスの復活、『羊たちの沈黙』や『ジョー・ブラックをよろしく』などで知られる名優アンソニー・ホプキンスなど、新キャストへの期待も高まる。
no20_spotlight_05_01
物語ははじまりから危機に瀕している。トランスフォーマーの故郷であるサイバトロン星が地球に衝突しようとしているのだ。残された時間はたった12時間しかない。しかも、これまで幾度となく人類を守ってくれたオプティマス・プライムが、今度はかつての仲間バンブルビーや人間らに牙を剥く破壊者と化している。彼はなぜ敵になってしまったのかーー。その背景には、有史以前からの歴史に隠されたトランスフォーマーの秘密が大きく関わっていた。オプティマスとバンブルビーの戦いの行方は?果たして人類は生き残ることが出来るのか?

新作公開の度に映像革命を起こし続けてきた『トランスフォーマー』シリーズ。映像化から10周年を記念するアニバーサリーイヤーにふさわしい最終章が日本に上陸した。監督はこれまでにない迫力に満ちた3D映像を完成させるため、全体の98%にIMAX®カメラを使用したという。物語を追うだけでなく、オートボットたちのアクションの中にたたき込まれるようなかつてない映像体験を楽しみたい。
INFORMATION
タイトルトランスフォーマー/最後の騎士王
公開日2017年8月4日(金)
劇場中洲大洋、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多 他
監督マイケル・ベイ
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ ほか
キャストマーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロ、イザベラ・モナー、アンソニー・ホプキンス ほか
製作年2017年
製作国アメリカ
上映時間149分
配給東和ピクチャーズ
公式サイトhttp://tf-movie.jp/

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生