ショッピングがもっと楽しくなるアートな場所
バーニーズ ニューヨークへ、ようこそ[spotlight page 1]

バーニーズ ニューヨーク 福岡店

no01_pickup02_01
店内に一歩踏み入れれば、吹き抜けを貫く巨大な鉄の固まりが鎮座し、そのスケールに思わず立ち止まってしまう。緩い曲線を描く天井と床は、オーガニックなシルエットをもつ鉄製のスカルプチャーウォールとは対照的に、モダンなイメージを与えてくれる。
「今、ショッピングはどこでも簡単にできてしまう。それこそインターネットを使えば、ほとんどのモノがそろうわけで……。
そんな時代の流れに、ある意味逆行して店作りをしているのがバーニーズ ニューヨークなんです。」と話すのは、バーニーズニューヨークのクリエイティブディレクターを務める谷口勝彦氏。
谷口氏は福岡店含め国内に5つあるバーニーズ ニューヨークの旗艦店を手がけ、スペシャリティストアであるバーニーズ ニューヨークのコンセプト「TASTE.LUXURY.HUMOR.」を発信してきた人物。
谷口氏は、天井から床までこだわり抜いた福岡店についてこう話した。「店舗に足を運んでいただくため、ライフスタイルを持ったお客様には『大人のワクワク』を提供したいと考えています。内装はもちろん、什器や壁面にこだわるのもそのため。店内のクリエイティブはジュエリーだったり、バッグだったり、全て陳列するアイテムからインスパイヤーされています。ここの主役は商品ですから。でも、あまりストレートだと面白さにかけてしまいます。だからいつも商品のメッセージプラスαを考えています。」

地上3階、地下1階と4フロアに渡る店内には、谷口氏が話した通りさまざまなアイデアが散りばめられている。例えば、入口正面に大きく飾られている海をイメージしたミューラルアート。これは、海にほど近い福岡をイメージして描かれている。美しい海と愛らしい魚たちの前には、シーズンに合わせて色とりどりのアイテムが並ぶ予定とのこと。さらに各フロアのキャッシャーの後ろにもそのフロアに合わせたミューラルアートが描かれている。これもお客様に楽しくお買物をしていただく仕掛けの一つ。ミューラルアートを手がけたのは、NY在住のアーティスト、ジョン=ポール・フィリピ氏。彼の壁画が、店内をさながらコンテンポラリーミュージアムのように演出している。
ショッピングの楽しさは、購入する時の高揚感だけはない。そのアイテムを探す空間や、スタッフとの交流も楽しさの一つ。アートに導かれながら本当に欲しいものを探す……バーニーズ ニューヨークはそんな新しいショッピングが楽しめる場所となっているのだ。
no01_pickup02_02
no01_pickup02_03
no01_pickup02_04

バーニーズ ニューヨークの顔といえば、アイデア満載のウィンドゥ ディスプレイ。シーズンやフェアごとに変わるそのデザインは、バーニーズの顧客ならずとも必見。映画や雑誌とコラボレートしたディスプレイを手がけることもあるという。また、多くのショップはウィンドゥ ディスプレイの制作をクローズして行うが、バーニーズはあえて開店中に制作する。これもバーニーズのスタイル。その制作過程を見せることでお客様のワクワク感を生み出したいと谷口氏は話す。ちなみにオープンニングのウィンドゥ ディスプレイは毎回決まっていて、バーニーズ ニューヨークの歴代の広告が並ぶ。これはバーニーズの伝統の一つなのだ。

店舗情報
店舗名バーニーズ ニューヨーク 福岡店
住所福岡県福岡市中央区天神2-5-55 レソラ天神 B1〜3F
電話番号092-715-1020
営業時間11:00〜20:00
定休日不定休
WEBhttp://www.barneys.co.jp/

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生