情熱と哀愁のタンゴに、激動の100年を感じて。[spotlight page 1]

アルゼンチンのトップダンサーのダンスに、
クァルテットとテノールの歌声が彩りを添えて。

ダンサー : アナリア・カレーニョ&ルイス・ラミレス

LOVE FM開局・ラテン文化センター ティエンポ設立20周年を記念する特別企画として、4月1日(土)アクロス福岡イベントホールで「タンゴ“百年の拒絶と抱擁”」と題するタンゴショーが開催されます。100年以上も前のこと、新天地を求めてやってきた多くのヨーロッパ移民たちの玄関口となった港町、ブエノス・アイレスのボカ地区。さまざまな国からやってきた移民たちが共同生活をしていたこの地ではいろんな文化が混ざり合い、独自の新しい文化が生まれ育っていきました。その代表が情熱のダンス、タンゴです。

移民や労働階級の男たちがフラストレーションを吐き出すかのように酒場で荒々しく踊ったのがタンゴのはじまりだったそうです。当時の社会では酔っ払いが娼婦相手に踊るものと蔑まれることもあったそうですが、1世紀を経た現代では世界中の人々を魅了する華麗な舞踏芸術へと進化を遂げてきました。
no19_spotlight_02_02

演奏者 : 小松真知子&Tango cristal

no19_spotlight_02_03

歌い手 : Victor Diaz

今回は、アルゼンチンから来日するトップダンサーのタンゴだけでなく、現代タンゴの巨匠、アストール・ピアソラも絶賛した確かで華麗なタッチで知られるピアニストの小松真知子(小松亮太の母)率いるクラルテット「タンゴクリスタル」、スペインを代表するテノール歌手 ビクトール・ディアスらが、音楽とダンスでタンゴの物語を彩ります。哀愁と情熱が交錯する1日限りの世界は、初めてタンゴを鑑賞する人にとっても見応えのある時間になりそうです。
イベント情報
開催日時4月1日(土) 15:40開演(15:00開場)
開催場所アクロス福岡 イベントホール(福岡市中央区天神1-1-1)
出演ダンサー Sabrina & Ruben Veliz(サブリナ&ルーベン・ヴェリス)
Analia Carreno & Luis Ramirez(アナリア・カレーニョ&ルイス・ラミレス)
Cinthia Diaz & Bruno Mayo(シンティア・ディアス&ブルーノ・マジョ)
Selva Mastroti & Marcelo Ramer(セルバ・マストロッティ&マルセロ・ラメール)
ミュージシャン小松真知子&タンゴクリスタル / Vitor Diaz(ビクトル・ディアス)
チケット 前売 3,500(当日 4,000)円<全自由席>
チケットぴあ(Pコード : 320-794)、アクロス福岡チケットセンター(Tel : 092-725-9112)
ラテン文化センター ティエンポ館内、ホームページからのオンライン予約
お問い合わせ ラテン文化センター ティエンポ
Tel : 092-762-4100

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生
Mr.FARMERとのコラボ
サラダランチとスパでご褒美アフタヌーンを