待望の再演!豪華布陣が贈る日本の美の真髄オペラ「夕鶴」[spotlight page 1]

日本オペラの不朽の名作が、最強のキャストと豪華製作陣で帰ってくる!!
2016年日本オペラ界最大の話題作が團伊玖磨ゆかりの地・福岡にて開催!

no15_select03_01
no15_select03_02
日本を代表する作曲家・團伊玖磨が27歳の若さで書き上げ1952年に初演されたオペラ「夕鶴」。その後改訂を加えながら再演を重ね現在までの上演回数は650回にのぼるという。海外での上演も多く、まさに日本が世界に誇るオペラだ。その「夕鶴」が2月18日(木)福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)で2年振りに上演される。
制作スタッフは前回同様、ドリームチームによる布陣。演出・市川右近、美術・千住博、照明・成瀬一裕、衣裳・森英恵。管弦楽は、九州交響楽団、音楽監督・指揮には現田茂夫が務め、つう役は、指揮者の妻でもある佐藤しのぶが演じる。民話、鶴の恩返しをベースに、木下順二の戯曲『鶴女房』の悲劇的な物語を、時には大胆に、時には繊細な手さばきで音色を紡いだ團伊玖磨のスコアから生まれる音楽に、オペラファンは、今回も酔いしれるはずだ。

公演名オペラ「夕鶴」
公演日平成28年2月18日(木)
会場福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
福岡市中央区天神1-1-1
時間開場:18:00 開演:18:30
料金SS席¥14,000、S席¥13,000、A席¥11,000、B席¥7,000(税込)*未就学児入場不可
出演つう:佐藤しのぶ、与ひょう:倉石真、運ず:原田圭、惣ど:高橋啓三、管弦楽:九州交響楽団、合唱団:筑紫野市ちくしの少年少女合唱団
主催RKB毎日放送
共催(公財)アクロス福岡
特別協賛関家具
後援福岡県/福岡県教育委員会/福岡市/福岡市教育委員会/(公財)福岡市文化芸術振興財団/福岡商工会議所/JR九州/西日本鉄道/毎日新聞社/西日本新聞社
協力CARAVAN
問合わせ先アクロス福岡チケットセンター
TEL:092-725-9112
プレイガイド ■アクロスチケットセンター
TEL:092-725-9112
■CARAVAN
TEL:092-732-8858
WEB:http://f-caravan.com/
■チケットぴあ/セブン‐イレブン
TEL:0570-02-9999(Pコード:277-071)
■ローソンチケット/ローソン
TEL:0570-084-008(Lコード:88995)
■イープラス/ファミリーマート
WEB:http://eplus.jp(PC、携帯電話)

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生