蔡國強、『帰去来』展 横浜美術館で開催。[spotlight page 1]

驚きと発見をもたらす蔡國強の世界

no13_select01_01

蔡國強《壁撞き》2006年、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク
Photograph: Jon Linkins, Courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art

いま最も旺盛な創作活動を展開する現代美術家のひとり、 蔡國強(ツァイ・グオチャン/さい・こっきょう、1957年、福建省泉州市生まれ)による、国内では7年ぶりとなる大規模な個展が開催される。

蔡國強は上海で舞台美術を学んだ後、1986年から9年間近く日本に滞在。火薬を使った絵画で内外の注目を集めるようになる。 1995年以降はニューヨークに拠点を移し、世界を舞台に、活動を続けている。 蔡の作品は、火薬の爆発により生み出される絵画や、花火、また、壮大なスケールのインスタレーションなどで知られている。また、火薬や漢方といった中国の伝統文化に由来する素材を作品に取り入れ、風水の思想を作品の根底に据えるなど、東洋的世界観とスペクタクルとが融合するその作品は、世界的にも高い評価を得ている。

本展は、日本初公開となる近年の代表作 《壁撞き》(かべつき)をはじめ、蔡が本展のために横浜の歴史に取材し、新たに制作する大規模の平面作品やテラコッタによるインスタレーションなど、いずれも日本初公開の作品により構成される。 陶淵明(とうえんめい)の『帰去来の辞』(ききょらいのじ)に由来する本展タイトルは、作家としてのキャリアを形成した日本への帰還、あるいは作家としての原点回帰を意味する。本展は、作家にとって記念碑的な個展となると同時に、かつてない驚きと発見をもたらしてくれるにちがいない。
作家の主な活動・受賞歴
近年の主な個展とプロジェクト:「透明モニュメント」ニューヨークメトロポリタン美術館(2006年)、「アイ・ウォント・ビリーブ」ニューヨークソロモン・グッゲンハイム美術館、北京中国美術館(2008年)、ビルバオ・グッゲンハイム美術館(2009年)、「蜃気楼」アラブミュージアム・オブ・モダン・アート(2011年)、「スカイ・ラダー」ロサンゼルスMOCA(2012年)、「農民ダヴィンチ」ブラジリア、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ巡回(2013年)、クイーンズランド州立美術館(オーストラリア)「Falling Back to Earth/帰去來兮」(2013年)、「九級浪」上海当代芸術博物館(2014年)ほか。また、2008年の北京オリンピック・パラリンピック開閉会式で視覚特効芸術監督を務める。
受賞歴:第48回ヴェネチア・ビエンナーレ「国際金獅子賞」(1999年)、アルパート芸術賞」(2001年)、第7回「ヒロシマ賞」(2007年)、第20回「福岡アジア文化賞受賞」(2009年)、「第24回高松宮殿下記念世界文化賞」(2012年)、「米国国務院芸術勲章」(2012年)など。
イベント情報
会期2015年7月11日(土)〜 10月18日(日) 木曜日休館[内覧会:7月10日(金)]
開館時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)※9月,16日,18日(水、金)は20:00(入館は19:30)まで開館。
場所横浜美術館
住所横浜市西区みなとみらい3-4-1
電話番号045-221-0300
観覧料一般1500(1300/1400)円、大学・高校生900(700/800)円、中学生600(400/500)円
※(前売/20名以上の団体)
※小学生以下無料

Photo by Wen-You Cai, courtesy Cai Studio

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生