世代を超えて住み継がれる“生きている家”。それがオーガニックハウスという住まい。[spotlight page 1]

no12_pickup01_01
ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と称されるアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライト。彼が提唱した「有機的建築」が近年日本でも注目されている。この有機的建築とは『普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』を重要視した住まいに対する考え方で、その理念は「時代に適し、土地に適し、人に適してた生きている建築」と表されている。フランク・ロイド・ライトは一生涯をかけて、どんな環境でも恒久的に使うことができる建物を追い求めていたのだ。
そんなフランク・ロイド・ライトの想いを”住まい“に投影したのが「オーガニックハウス」。このオーガニックハウスは、アリゾナ州スコッツデールのタリアセン・ウエストに国際本部を構える『フランク・ロイド・ライト財団』が認めた日本で唯一の建築スタイルで、オーガニックハウスと認定されるには多くの規定をクリアしなければいけない。例えば、デザインはフランク・ロイド・ライトの意思を学習したデザイナーによるものでないと認められなかったり、部材もフランク・ロイド・ライトの世界観を再現したオリジナルものを使用する必要がある。ここまでこだわることではじめて、世代を超えて住み継ぐことができる「生きている住まい」ができるのだ。

そして、そのオーガニックハウスを専門に扱うサロンがついに福岡にも登場した。長崎県諫早市から福岡に進出した「長崎建創」が展開するこのサロンでは、フランク・ロイド・ライトの世界観を体感しながらオーガニックハウスを知ることができる。今後は、オーガニックハウスについて学ぶセミナーや体験教室といったイベントも予定。さらに現在建っているオーガニックハウスを見学するツアーも今春開催するとか。まずは足を運んでフランク・ロイド・ライトの世界に触れてみてはいかが。
no12_pickup01_03
no12_pickup01_04
no12_pickup01_05

水平ラインを強調した安定感のあるデザインがフランク・ロイド・ライトの系譜という証。

フランク・ロイド・ライト建築で最も特徴的なのが、高さを抑え水平ラインを強調した「プレイリースタイル(草原様式)」。ベーススタイルの「Keystone(キーストン)」や「AZALEA(アザレア)」の外観からも、安定感を感じる横軸を確認することができる。また、家を一つの空間として捉え部屋を緩やかにつなげたゆとりあるデザインにも注目してほしい。

企業情報
企業名長崎建創
住所福岡市西区元浜1-27-3 スペランサ元浜
電話番号092-407-6673
WEBhttp://n-kensou.com

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生
Mr.FARMERとのコラボ
サラダランチとスパでご褒美アフタヌーンを