WEB special 常に住まい手側の視点で提案を行うこと……。
それがグランドメゾンの住まいづくり思想。

“マンションに求めるもの”とはライフスタイルにこそあると考えた積水ハウスの『グランドメゾン』シリーズ。
住む人それぞれが求めるライフスタイルを反映させた心身ともに心地よい住まいを『グランドメゾン』が実現します。

常に住まい手側の視点で提案を行うこと……。
それがグランドメゾンの住まいづくり思想。[feature page 1]

ライフスタイル実現のため、住む人の視点から提案する。これが、積水ハウスの「グランドメゾン」の原点。

“集合住宅”ではなく、住む人それぞれのライフスタイルが集まった“住宅集合”。

special_feature01_01

グランドメゾンの福岡におけるフラッグシップ的な存在「グランドメゾン百道浜OCEAN&FOREST」

マンションに求めるものはとは……。積水ハウスは、その原点にライフスタイルがあると考えます。住む人のライフスタイルを反映した、心身ともに心地よい住まい。プランニングはもちろん、インテリアまで充たしてこそ自分らしい暮らしが実現されていくのではないでしょうか。
積水ハウスがこれまでにお届けした住まいは約218万戸(平成26年1月31日現在)。その実績に基づき、常に“住む人”の視点でプランニングするのが『グランドメゾン』です。積水ハウスのマンションづくりは、万人受けを狙ったコンクリートの箱を仕切った建物としての“集合住宅”ではなく、住まい手一人ひとりのライフスタイルを考慮して形成した住まいが集まった新たな場所、すなわち“住宅集合”であるという考えから始まります。
さらに、住まいづくりの延長線上には“街並みづくり”に続きます。エントランスホールをはじめとする共用空間、緑あふれるアプローチ、自然石を用いた石垣、以前そこにあった雑木林の再現を経て、街の財産となる街並みづくりへの展開までがグランドメゾンの構想。 “あるべき姿が結果として理想的な住まいになる”という思想のもとに、お客様に望まれる地を選定し、その地で具体的でリアリティーのある生活シーンを想定してつくられるマンションなのです。それらを実践し、それぞれの地で、住まわれている方はもちろん周辺の方からもその地のベストと言っていただけるマンションづくりを目指します。
special_feature01_02

写真は「グランドメゾン百道浜OCEAN&FOREST」の福岡市街や海を見下ろす開放的なリビング

special_feature01_03

森をイメージした空中庭園

special_feature01_04

モダンなトーンで調和がとれたリビング

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生