休日はシンガポール[feature page 4]

An elegant night in Singapore

ラグジュアリーホテルでの優雅な一泊

旅の良し悪しを決定づけるのは滞在場所といっても過言ではないでしょう。今回紹介する「ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」と「パンパシフィック シンガポール」は、設備はもちろんデザイン性やサービスで、より豊かな滞在を演出してくれるホテルです。

数あるホテルの中でもトップクラスのサービスを提供しているのが「ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」。最上のホスピタリティでもてなされるサービスと美術館さながらにディスプレイされた現代アートは、訪れた人の気分を高揚させてくれます。室内からの景色も素晴らしいの一言。特にマリーナベイ側の客室からは、現代のシンガポールを象徴するアーバンライクな街並みを眺望することができます。斉藤ふみさん絶賛の朝食では、洋食はもちろん、マレー系、中華、和食など数え切れないメニューがブッフェスタイルで楽しめます。

海外に慣れていない方でも安心して滞在できるのは「パンパシフィック シンガポール」。充実した施設はもちろんのこと、館内にJTBラウンジもあります。もしもの時に日本語で対応してもらえるというのは慣れない海外では希少。各種サービスやアメニティがハイクラスであることは言わずもがな。各観光地へのアクセスの良さも見逃せません。

新たな一面が発見できた今回のシンガポールですが、「これだけじゃこの国の魅力が伝えられない!」と斉藤ふみさんは少し残念そう。どうやらまだまだ出会っていない素敵な顔があるようです。次にまだ見ぬシンガポールに出会えることを期待しましょう。
マリーナベイやシンガポールの街を望む客室
マリーナベイのほとり、2.8ヘクタールもの豊かな緑に囲まれたラグジュアリーホテル。ゆったりと開放感のある客室をはじめ、数々の賞に輝く多彩なレストランやラグジュアリーホテルならではのおもてなしが、思い出に残る上質な時間を提供してくれる。ロビーをはじめ、館内各所に展示された4,200点の現代アートのコレクションは訪れた人々に唯一無二の感動を与え、客室からの眺望はまさに至極ともいえる時間を提供してくれる。もちろん五感を刺激するダイニングエクスペリエンスもこのホテルならではと言えるだろう。ここでなら“贅沢”の意味を空間全てで感じられるはず。
街中へのアクセスにも便利な立地も魅力の一つ
日本人ファンも多い5つ星ホテルで、チャンギ空港から車で約20分、マリーナベイ・エリアに点在する観光地にも徒歩圏内という好立地なのも魅力。シンガポール市街やマリーナベイなどを眺める客室には、コンテンポラリーなインテリアが配され過ごしやすさを追求したアメニティも完備。さらに2階には「JTBラウンジ(5:30~22:00)」が設置されている。JTBラウンジではオプショナルツアーの申し込みはもちろん、レストランの予約などにも対応。また、滞在中に困ったことがあった場合の相談もできるので、ぜひ押さえておきたい。

アトラクション満載の総合型リゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」

日本でもお馴染みの「マリーナベイ・サンズ」は、宿泊施設はもちろん、ショッピングやアミューズメントスポットとしても利用したい。シンガポール発の紅茶ブランド「TWG Tea」のティーサロンや街を一望する屋上展望エリア「サンズ・スカイパーク」は特に人気のスポット。また、夜にはホテル全体をレザービームと照明で演出する「スペクトラショー」が開催される。

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

普段使いの器から、日常に豊かさを。『唐津・隆太窯』オンラインショップ誕生。
感動アイランド 五島
休日はシンガポール