no24 名店のDNA

フレンチの名店「ラ・ターブル・ド・プロヴァンス」が輩出した人気店のシェフたち

名店のDNA[feature page 1]

20年の時を奏でる野村健二の“フレンチエレガンス”

no24_feature02_01

オマール海老のジュレと焼きナス 赤ピーマンムースとトマトのグラニテ

オマール海老をゼリーで寄せて焼きナスのピューレをソースに、クリーミーな赤ピーマンのムースとポイントのグラニテが絶妙なアクセントなっている。

食の街として、知名度を拡大させつつある福岡。この地でフレンチの名店を1つ挙げてみよと聞かれたとき、『ラ・ターブル・ド・プロヴァンス』と答える人は多いに違いない。金沢出身の野村健二シェフが、料理の道を志し、東京、そしてフランスの一流店を経てたどり着いたこの地で自身の店を構えて今年20周年を迎える。一言に20年といっても、最高レベルの味とサービスを保持し続けるのは生半可なことではないだろう。食に対する飽くなき集中力で、舌の肥えた常連客を虜にしてきたこの名店、実は知る人ぞ知る人材育成の宝庫でもある。20年の間、この店から巣立ち自身の店を構えたシェフがキラ星のように存在し、その多くが福岡の人気店となっている。そんな”プロヴァンス卒業生“たちに「野村シェフの凄さ」を伺った。さらに来たる11月、ラ・ ターブル・ド・プロヴァンス創業20周年を祝うため、卒業生たちが野村シェフのもとに集い、一夜限りの食のイベントを開催。さて、どんなイベントになるのだろうか。
no24_feature02_02
ラ・ターブル・ド・プロヴァンス
オーナーシェフ 野村 健二

金沢市出身。東京へ上京後、「LA BETTOLA Ochiai」の落合努シェフに師事、その後、フランスのミシュラン星つきレストランなどでの経験を経て福岡へ。1998年「La table de Provence」を開店。休日には、唐津に通い自作の陶器を製作する。
no24_feature02_03
La table de Provence
ラ・ターブル・ド・プロヴァンス

福岡県福岡市中央区赤坂1-13-8 赤坂ウイングビル1F
TEL:092-732-5277
Lunch:11:45〜13:30(L.O.)
Dinner:18:00〜22:00(L.O.)
定休日:月曜日
EVENT INFORMATION
野村健二シェフ率いるフレンチの名店『ラ・ターブル・ド・プロヴァンス』の20周年を記念して、「元プロヴァンス」の料理人たちが一夜限りの特別な宴を開催
名称ラ・ターブル・ド ・プロヴァンス 20周年祝賀パーティー
参加店舗Raisin d`Or(石井秀樹) / Fattoria da Cosimo(薙野耕平) / Barba Bianca(大久保和也) / Osteria Incroci(村山浩) / Luca(鈴本紀彦) / Pizzeria da Ciruzzo(堀坂裕史) / IGREK(長野康夫) / 酒飲めフレンチ bisとろタカギ(高木利枝) / イタリア食堂SACCO(秋元幸) / Trattoria nido(田中慶太) / Bistro La Coquette(大櫃菜津子) / Bar 海堀(海堀宏一) / 白樺(宮内一也)
会場ホテルオークラ
料金¥10,000(税込)
参加方法(1)「ラ・ターブル・ド ・プロヴァンス」もしくは、参加店舗にてチケットをお買い求めください。
(2)お電話にてご予約の場合、当日受付にて現金でお支払いください。
ご予約・お問い合わせTEL 092-732-5277(ラ・ターブル・ド ・プロヴァンス)
*原則として、参加費の返金はいたしかねますので予めご了承ください。
*参加店舗は、予告なく変更する場合がございます。

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生