夏の訪れを味覚で感じる 冷スイーツ4選[feature page 2]

創業70年の製氷店×世界一の焙煎師が生んだかき氷

おいしい氷屋

no23_feature02_05

豆香洞コーヒーかき氷 750円(税込)

直径約15cm×高さ約18cm、豆香洞コーヒーシロップ、マスカルポーネクリーム、バニラアイスほか

やわらかな羽毛のようにふわりと折り重なる氷。合間に注がれる琥珀色のシロップは、2013年の焙煎世界大会でチャンピオンに輝いた「豆香洞」オーナー・後藤さんが監修した「かき氷のための」コーヒーシロップだ。
薄く削った氷は舌の上ですっと溶けて、あとには香ばしいコーヒーの風味が残る。まったりとしたマスカルポーネクリームは濃厚でクリーミー。すっきりとした氷と一緒に口に含むと口の中で溶け合い、さくさくと削っていくと最後にはバニラアイス、そしてクラッシュしたコーヒー豆が現れる。「年中おいしいかき氷」と評判のこの店では「リゾートマンゴー」「苺みるく」「八女抹茶」など全8種の定番フレーバーに、どれも掘れば現れる仕掛けが隠されているのだ。
唐人町に1号店がオープンしたのは2016年のこと。夏には1時間待ちの行列ができるほどの人気店となり、翌年11月に天神南店を開店した。運営は1946年創業の「九州製氷」。手作りシロップの味を最大限に引き出すのが純度99.9%のオリジナルブランド「博多純氷」だ。店長の長さん曰く「マイナス8℃で72時間かけて凍らせるんです。その過程で、不純物を取り除きながら純度を高めていきます」。70年間、氷づくりと向き合ってきた歴史が今のおいしい氷をつくっている。
no23_feature02_06

ダークウッドの木目調で落ち着いた店内。ドリンクのみの利用もでき、「豆香洞」コーヒーが「かき氷に合うように」と苦めに仕上げたオリジナルブレンドを味わえる。

no23_feature02_07

テーブルは18席、カウンターは9席。「ひとりかき氷」を楽しむ人も多い。繁盛時には整理券を発行した後に順番が近づくとLINEでお知らせが届くシステムも。

no23_feature02_08
おいしい氷屋
福岡市中央区渡辺通5-14-12 南天神ビル1階
TEL:092-732-7002
営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日火曜)

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生