蘇る、雲仙の老舗ホテル
Reborn, Unzen Kyushu Hotel[feature page 4]

雲仙を満喫する自然、体験、新名物

空間や食事はもちろん、ホスピタリティがあふれる雲仙エリアには良質な温泉や幻想的な地獄以外にも 見どころはたくさんある。今注目の体験や自然を満喫するイベントなど、さまざまな角度で雲仙を満喫。

no23_feature01_16

Night Tour
雲仙仁田峠プレミアムナイト

雲仙天草国立公園の星空を堪能するナイトツアーを今年も開催。標高1300mから眺める海抜0mの景色は、息をのむほど美しい。スペシャルナビゲーターによる星空や雲仙の解説も必聴。

開催日時:8/3(金)・4(土)・5(日)・10(金)・12(日)・17(金)・18(土)・19(日)・24(金)・25(土)・26(日)、各19:30~/20:30~の2回
集合場所:島鉄バス雲仙営業所
料金:大人 3,000円/子供(小学生) 1,500円
TEL:095-824-2400(JTB九州 長崎支店)

no23_feature01_17

Lemonade
温泉レモネード(雲仙レモネード)

明治から昭和初期にかけ外国人の避暑地として栄えた雲仙。当時の雲仙では、炭酸水と砂糖を混ぜ合わせたレモネードが外国人たちに親しまれていた。その味を想定して作られたのがこちら。雲仙の天然水と島原産レモンの果汁を使った上品な味わいが特徴。

料金:1本250円 税込(330ml)
TEL:0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)
WEB:http://www.unzen.org

no23_feature01_18

Trekking
雲仙普賢岳新登山道トレッキング

1990年に起こった雲仙の主峰・普賢岳の噴火により誕生した平成新山は、それまで長崎県内最高峰だった普賢岳(1359m)よりも高く成長し、日本で最も新しい山となった。2012年に開通した平成新山を間近に望むコースは、今も多くの人で賑わう。

料金:無料
所要時間:約240分
TEL:0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)
WEB:http://www.unzen.org

no23_feature01_19

Golf
雲仙ゴルフ場

日本で最も古いパブリックコースとして、1913年(大正2年)開場したゴルフ場。また、最初の国立公園に指定された場所でもある。宿泊客はチェックイン後に2人で3〜6ホールのショートプレイを可能にするなど、観光客に向けたPRも行う。

雲仙市小浜町雲仙548
営業時間:8:00〜
TEL:0957-73-3368
WEB:http://www.unzengolf.com

no23_feature01_20

Astronomical Observation
ナイトエコタツユニークツアー

「ナイトエコタツ」とは雲仙温泉の旧八万地獄の地熱を利用した電気を使わないエコなコタツの名称で、雲仙みらいかたるがメインに運営。この企画は5月で終了しているが、夏休み中は同所で観光案内所主催の星の観賞会が実施される。

開催日時:今秋から再開予定
開催場所:雲仙市小浜町雲仙(旧八万地獄)
TEL:090-7462-6738(雲仙みらいかたる)

no23_feature01_21

Experience
雲仙焼体験

雲仙焼の始まりは、昭和10年ごろ東京から訪れた繁田百鑒斎が窯を雲仙新湯に開いたのがとされている。現在は石川裕基氏が3代目を継ぎ、技術を伝えている。その3代目が指導するろくろを使った体験は随時実施(体験は要予約)。

雲仙市小浜町雲仙304
営業時間:8:00〜18:00
TEL:0957-73-2688
WEB:http://utanooto2015.wixsite.com

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生