no15 安心・おいしいを食卓に

命を未来につなぐ食は、まず安全でなければいけない。
その原点に立ち返り、わが家の食卓を考える。

安心・おいしいを食卓に[feature page 1]

食の安全を届けるために『MARS』ができること

生産・加工・販売を一体化した『農業の第6次産業』として「安全・発見」をテーマに今までにない新たな食品作りを目指す。

no15_feature01_01
「食の安全」に関してさまざまな問題が噴出している昨今。その問題が東京・大阪といった大都市だけにとどまっていないのは、多くの人が感じているはず。熊本に拠点を構える食の総合商社・株式会社丸菱も「食の安全」について真摯に向き合う中で、2015年春、地域複合アグリビジネス企業『株式会社MARS』を設立した。
現在、「食の安全」が問われる背景にはさまざまな理由がある。例えば農業従事者の高齢化や地域経済の停滞なども大きな問題の一つ。そこでMARSは、国内農業の立て直しという大きな目標を掲げ、生産者と共に地域創生に取り組む新たなアグリビジネスともいえる「農業の第6次産業」を展開する。
このビジネスの肝は地域生産者との連携。きちんとモノづくりをする地元の農業生産法人や農家と契約し、まずは生産者への還元を図る。その上で生産者の「見える化」を実践し、製品の安全性を確保しながら同時に地域ブランドも確立。そうすることで商品の希少性を見出し、さらなる売り上げに貢献するというのだ。また地産地消の推進も率先して行っている。例えば食肉や牛乳といった原材料は、MARSが展開する乳製品とシャルキュトリーのブランド『FARM-Q』を通して製品加工し九州の店舗や企業を中心に販売。その狙いは、地の生産者が作った食材をその土地に住む人たちが誇れるブランドに成長させるためとのこと。地元に根付いたブランド食材は時代の流行で消えることのない、生産者の安定した売り上げとなるからだ。
もちろん、生産者だけを見るのがMARSが唱える「農業の第6次産業」ではない。消費者のために「食の安全」を確保するのはもちろんのこと、「食の発見」も与えたいと考えているとか。生産者と協力し、新しい概念を備えた食品の創造にも着手している。例えば野菜加工も、業務用や個食・家庭用などカット野菜はもちろん、介護食用や無農薬・減農薬野菜を使ったこだわり野菜の加工など、さまざま分野で活用できる商品を展開。店舗・通販向けの小分けアイテムのリリースを予定している。また畜肉加工の分野でも、2000年の歴史を誇るシャルキュトリーの技術と九州ならではの香辛料や調味料を活かした商品開発を実施。より安全でより楽しむことができる「食」が、MARSから九州、そして全国へと広がろうとしている。そんなMARSのコンセプトを商品化したのが、『FARM-Q』というわけだ。次は『FARM-Q』がどんな製品をどのような形で発信していくのかを解説していきたい。

MARS、3つのこだわり

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生