no13 トレンドを超越した普遍的美味肉グルメ

昨年から福岡を席巻している赤身肉。もちろん流行はおさえておきたいが、グルマンを自認するならば、
時代に流されない肉料理も知っておきたい。これが永遠不滅の美味肉だ。

トレンドを超越した普遍的美味肉グルメ[feature page 1]

鴨における最高峰を味わう。

no13_feature02_01_01

ビュルゴー家のシャラン鴨ムネ肉の炭火焼おまかせコース(4200円〜※鴨肉は+800円)の一品として提供

食べた瞬間、“それ”が別格なものだと分かった。肉自体の味わいが濃厚で、口溶けが良いと表現したくなるような、ふっくらとしたキメの細かい食感に驚きを禁じ得なかった。
それとはフランス・シャラン地方のビュルゴー家だけで代々飼育されてきた鴨肉である。「エトフェ」と呼ばれる窒息処理を施して血を抜かないため、火を入れる前の身は真っ赤だ。ただ、ひと度調理が始まると、徐々に桜色を帯び、艶やかな光沢を帯びてくる。オーナーシェフの河村さんはこの鴨に惚れ込み、値は張るが、オープン当初からずっと使い続けてきた。「火入れが特にシビアなんです。ベストの状態から30秒前後外すだけでアウトかな」。最高の食材を使い続けてきたシェフの言葉に確固たる自信を感じた。
no13_feature02_01_02

窒息鴨と一緒に味わいたいワインは、ほぼブルゴーニュに特化している。セレクトは河村さんによるもので、自身が納得したものだけを置く。ボトルは4200円〜、グラスは700円〜。

no13_feature02_01_03

河村さんとの会話も楽しい6席のカウンターがメイン。4人掛けのテーブルも1卓あり。

2007年にオープン。フレンチ、イタリアンで腕を磨いたオーナーシェフ・河村健志さんが営む。料理はおまかせのコースのみで、5品4200円、6品5600円の2種を用意。料理は全て河村さんが一人で仕上げていくスタイルを採用しているため、予約がおすすめ。

no13_feature02_01_04
店舗情報
店名Grillかわむら(グリル カワムラ)
住所福岡市中央区高砂1-22-2 アーク七番館2F
電話番号092-210-4673
営業時間18:00〜、19:00〜、20:00〜で予約受付(22:30頃クローズ)
定休日日曜(連休中の場合は振り替え)

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生
Mr.FARMERとのコラボ
サラダランチとスパでご褒美アフタヌーンを