no12 朗らかな日射しに気づいたら、
春を探しにレストランへ。

厳しい冬を越えて、ようやく穏やかな春が訪れました。春の訪れはおいしい春の食材たちも連れてきます。旬の野菜を使った今しか味わえないお料理を特別なレストランで味わいませんか。

朗らかな日射しに気づいたら、
春を探しにレストランへ。[feature page 1]

シンプルに、野菜の味をぎゅっと閉じ込めて

no12_feature02_01

塩豚と具だくさん野菜の煮込み 1,200円(税込み)

口にした瞬間、まず野菜の味の濃さに驚いた。ランチで提供される「塩豚と具だくさん野菜の煮込み」は、敢えて水を入れず蒸すような感覚で煮込む料理。水を入れない理由は、初モノ野菜が通年モノや季節外れのモノに比べて水分を多く含むため。煮込むこと約1時間半。この水分が、水蒸気となって鍋の中に対流し、“野菜そのものの味”を凝縮させていく。
「うちで使っている食材は、全国から自然に集まってくるんですよ。」とオーナーシェフの前田修太郎さん。聞けば、長い料理人生活の中で知り合った農家の方々が、その時一番おすすめの食材をベストな状態で届けてくれるのだとか。農業のプロが料理のプロに勧めるのだから、その新鮮さは折り紙つき。大ぶりでギュッと身が詰まっているものばかりだ。その中でも主役級、とこの春イチオシなのが新潟から届いたばかりの里芋。軽くフリットして煮込みの鍋にもプラスした。その口当たりはサクッ、フワッ、ジュワッ!柔らかな食感の煮込みの中、新鮮なアクセントになっている。里芋のほか、使われる野菜は全部で約8種類。野菜の旨みと塩豚の煮汁、オリーブオイルが混ざり合うことで、自然と味が整い、優しいコクが生まれる。シンプルだからこそ分かる、野菜本来の味をぜひ堪能してほしい。
no12_feature02_02

スモーキーグリーン&ブルーの内装がセンスのよい店内。緑濃い護国神社のほど近く、大濠公園や福岡市立美術館からも歩いて訪れることができる。昼は各国のテイストを取り入れたオリジナル、夜はスペインバルとして営業。

no12_feature02_03

この時期が一番美味しいとシェフ前田さんが力説する新潟産里芋。ずっしりとした重みと粘りの中に、フワッとした軽さも感じられる。

no12_feature02_04
店舗情報
店名atoma
住所福岡市中央区六本松3-16-28 大濠ハイツ1F
電話番号092-791-8296
営業時間12:00〜15:30(L.O.14:30)、18:00〜23:00(L.O.22:00)
定休月曜(祝日の場合は翌日)、第三火曜

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生