no11 今、食べたい「肉」はこれ!

今、福岡では肉料理店がキテいる。グルマンたちがこぞって通う店に共通するのが、今までウマいとされてきたサシが入った霜降り系ではなく、脂肪が少ない赤身の肉を提供している点。確実に肉本来の味を楽しむ向きが増えている。本格化を迎える食欲の秋、極ウマ肉でパワーチャージを。

今、食べたい「肉」はこれ![feature page 1]

charcoal grill BUTCHER(チャコールグリル ブッチャー)

NYスタイルの特選エイジングビーフ

no11_feature02_01
焼いている時の音が違うのだと、店主・満生太郎さんは言う。「普通の肉だと水分、脂がジュージューと音を立てるでしょ? うちの肉はジリジリ。焼くというより炙っている感じなんです」。なぜそんな音になるのか。その答えは遥か遠く、ニューヨークにあった。
「BUTCHER」を開業する以前、満生さんはニューヨークのレストランで料理長として働いていた。その時に惚れ込んだのがニューヨークスタイルのグリル料理。「ニューヨークでは水分を飛ばし、表面を乾燥させながら旨味を閉じ込めるドライエイジングという熟成方法が盛んでした」。熟成期間は約3週間といい、油を吸った鉄鍋のように、火を入れると肉はジリッジリッと小さく低い音を立てる。用いる牛肉はアメリカで6段階あるという等級の上位2級にあたるオーガニックの上質なアンガス牛のみ。最近では本場・アメリカからも認められた質が高い骨付きリブロースを取り扱うようになった。注文から焼き上がるまで約30分。一定時間焼いては火から上げて休ませる。この繰り返しで、満生さんは旨味を肉に閉じ込めていく。「表面のカリッとした食感こそ熟成肉の醍醐味ですよ」。
no11_feature02_02
no11_feature02_03

2010年のオープン以来、お客がお客を呼び、平日でも予約が取りにくい人気ぶり。アンガス牛のグリルは1/2パウンドで3,000円〜。その他、自家製のスモーク料理も評判だ。熟成肉のグリルはランチタイムでも注文可能。なお、熟成肉はランチ時も事前の予約が望ましい。

店舗情報
店名charcoal grill BUTCHER
住所福岡市中央区平尾4-4-16
電話番号092-522-7769
営業時間11:30〜14:00(LO)、18:00〜22:00(LO)
定休なし

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生