no10 最近気になる、「和」なお店。

ここ最近、日本の文化を食事や空間で表現するお店が注目を集めている。
そこで料理や空間に「和」へのこだわりを感じる4店を紹介。
季節の肴とオーナー推薦のお酒を味わいながら、日本の美を感じてみてはいかが。

最近気になる、「和」なお店。[feature page 1]

つわぶき

美味しいを少しずつ、そんなワガママを叶える店

no10_feature02_01
博多の美味いものが集まる居酒屋として東京にも進出した飯家くーたが、「美味しいものを少しずつ、お酒といっしょに楽しむ」をテーマに展開したのがこちら。
メニューはコースのみだが、なんとこの店、コース料金の中に飲み物も含まれている。しかも選べる飲み物は、ビールやカクテルはもちろんのこと、日本酒やワイン、シャンパーニュやウィスキーといった高級なものまでラインナップ。飯家くーたプロデュースの店だからそのクオリティも折り紙付きだ。もちろん、料理も自信あり。季節の素材をきっちりとていねいに仕込んだ3種の前菜にはじまり、揚げ物から椀もの、造り、蒸し物さらには鍋物まで、デザートまで合わせると15品もの料理を味わうことができる。バラエティの豊富な食事と料理人が厳選する旨い酒が、至福の時間を演出。そのせいか、2時間以上この店にとどまる人も少なくないとか。しかしそれができるのも、ここの魅力の一つかもしれない。
要予約ではないが人気店なので、今日はゆっくり飲むぞ! という方はぜひ予約を。また、離れもあるので、大人数での利用もできる。夜風が気持ちいいこの季節、旬の美味と好きなお酒に酔いしれる夜を過ごしてみては。
no10_feature02_03

季節の椀もの

キスとそら豆の椀もの。ソースのように仕上げたそら豆はほんのりと甘く、淡白なキスと好相性。

no10_feature02_04

オコゼを贅沢に使った造り

この時期でしか味わえない一品。プリプリと弾力のある食感と力強いうま味が後を引く。自家製のポン酢も名脇役に。

no10_feature02_02
店舗情報
店名つわぶき
住所福岡市中央区西中洲2-5
電話番号092-724-4979
営業時間18:00~24:00
定休日日曜日※日曜祝日の場合は営業
コース¥10,000〜(税別)

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

12年目を迎えたダンスカンパニー「プロジェクト大山」の新作公演
全面リニューアルのレストランフロアがグランドオープン
国内マセラティショールーム初の3階建て、西日本最大級「マセラティ福岡」誕生