福山剛さんが全国の有名シェフと何やらコソコソしています。[spotlight page 1]

no19_spotlight_06_01

川手寛康/Hiroyasu Kawate
フロリレージュ オーナーシェフ

1978年、東京都出身。東京のフランス料理において、高い評価の「ル・ブルギニオン」、「カンテサンス」、星付きレストランでスーシェフという重責を歴任。2009年に独立、「フロリレージュ」オープン。2015年現在の外苑前に移転。連日ゲストに感動を与え続けている。

no19_spotlight_06_02

福山剛/Takeshi Fukuyama
La Maison de la Nature Goh

1971年2月26日生まれ 福岡県出身 高校生在学中、フレンチレストランの研修を受けた。1989年 フランス料理店「イルドフランス」に就職。その後、95年からワインレストラン「マーキュリーカフェ」でシェフを務めた。2002年10月 、西中洲に「La Maison de la Nature Goh」を開店。

なわけで、皆様お久しぶりです。muto編集部の森でございます。いやー、旅もの(主に家族ネタですが)以外でここで情報発信するのが久しぶり過ぎて、どう書いていいかよくわかりません。ともかく、西中洲の名店『La Maison de la Nature Goh』の福山剛さんが、また何やらするというのでお話を伺いました。

福山さんが企画するディナーイベント『合餐 Gohsan』とは、全国にある名店と福山さんがコラボレーションするイベントで、その発端は昨年行われたGohGan(詳細はこちら)だそうです。
「GohGanを経験したことで、福岡の人にもっと食の世界を見せたいと思いました。それと、県外のシェフたちにも福岡の食材や食文化を教えたい、そう思ったんです」と福山さん。

そんな『合餐 Gohsan』で今回コラボするのは、東京・青山のフレンチの名店『Florilege(フロリレージュ)』のオーナーシェフ・川手寛康さん。2017年の「アジアベストレストラン50」で14位を獲得した川手シェフは、今後の活躍が期待される若手シェフの一人です。
no19_spotlight_06_03

吉開雄資/Yushi Yoshikai
パティスリー オー フィル ドゥ ジュール オーナーパティシエ

1980年 福岡市出身。日本人として初めてパリの5つ星ホテル「ル・ブリストル」のシェフパティシエであるローラン・ジャナン氏の右腕を務め、2015年帰国。故郷の福岡にパティスリー オー フィル ドゥ ジュールをオープン。九州のフランス菓子界に新風を吹き込んでいる。

さらに『合餐 Gohsan』では福岡の食文化を伝えるために、毎回「福岡の食」にまつわる人やモノとコラボするのだとか。今回、そんな福岡枠でコラボするのは、福岡・桜坂の人気パティスリー『パティスリー オー フィル ドゥ ジュール』の吉開雄資さん。アジアを代表する二人のシェフの共演に人気パティシエのデザートと、豪華過ぎるメニューが堪能できる一夜となっています。第一回目にしてこのクオリティ、福山さんの気合いが手に取るように感じられます。

この『合餐 Gohsan』、年4回ほどのペースで開催を考えているそうです。予約が取れないレストランの共演が見せてくれる新たな食の世界、もう期待しかありません。今回残念ながら参加できない方は、次回のチャンスはお見逃しなく。
INFORMATION
名称合餐 Gohsan(ゴウサン)
開催日時2017年3月18日(土) / 17:00〜、20:30〜
会場La Maison de la Nature Goh (〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲2-26)
料金25,000円(飲み物、税、サービス込み)
予約・問い合わせ092-724-0955
WEBhttp://gohfukuoka.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/%E5%90%88%E9%A4%90-gohsan-1237606262982512/?fref=ts

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

西日本初の米国専門医チームによる世界水準の歯科医院
上質な暮らしを体験する空間で、「GohGan」 Vol.08を開催
目の前で開く大輪の花に、カラダもココロも震える