日本のトップライダー達が集結。時を競う馬術競技「フランク ミュラーカップ」開催。[spotlight page 1]

純白の砂を蹴り上げる蹄鉄と荒々しい吐息の音

no12_select02_01
聞こえてくるのは、純白の砂を蹴り上げる蹄鉄と荒々しい吐息の音、400kgを超える大きな塊が2mの高さを飛ぶ様はまさに圧巻。固唾をのんで見守る観客からは歓声とため息が入り交じる。これまで、たくさんのオリンピック選手を輩出してきた名門「杉谷乗馬クラブ」に、国内トップクラスのライダー達が集結。日本最大の馬術競技「OSAKA GRAND PRIX」が4月2日〜5日まで開催される。この障害を越える馬術「障害飛越競技」は、その昔、英国で狩猟を行っていた者が技量比べとして行っていたもの。1900年のパリオリンピックで障害飛越競技が行われたことをきっかけに、競技のルールが進歩、スポーツとして改良され現在の競技形態となったそうである。ヨーロッパの伝統と文化を広く紹介することをブランドポリシーとしてきたフランク ミュラーはこの馬術競技をもっと身近に楽しんでもらおうと、「OSAKA GRAND PRIX」の中障害飛越競技を2013年春よりフランク ミュラーカップとして開催、来る4月5日(日)の開催で5回目となる。難しいと思われるルールはレースの模様を少しだけ見守ると簡単に理解出来る。障害に触れることなくジャンプし、定められたコースを出来るだけ早い時間で完走するタイムレースだ。この競技は馬そのものの跳躍力も必要だが、神経質な馬の性格をコントロールするライダーの高度な乗馬技術が必要となる。競技場にはカラフルなカラーリングで彩られたフランク ミュラーオリジナルの障害が建ち並び、それを見守る特別観客席ではシャンパンが振る舞われる。もちろん、優勝者の腕にはフランクミュラーの時計が輝くことになる。
no12_select02_02
no12_select02_03
no12_select02_04
no12_select02_05
イベント情報
名称OSAKA DRAND PRIX HORSE SHOW 2015 FRANCK MULLER CUP
開催日2015年4月5日(日)
会場杉谷馬事公苑 大阪市和泉市池田下町2547
電話番号0725-56-2020(代)
競技種目第12 競技 中障害飛越《C》チャンピオンシップ
主催(株)シーダーバレー杉谷乗馬クラブ
後援和泉市、大阪府馬術連盟、近畿地区乗馬団体協議会、公益社団法人 全国乗馬倶楽部振興協会
公認公益社団法人 日本馬術連盟
お問い合わせ大会当日のフランク ミュラーラウンジの観戦については下記までお問い合せ下さい。
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
フランク ミュラー ウォッチランド大阪 06-6251-4101
フランク ミュラー ウォッチランド東京 092-739-1949

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

西日本初の米国専門医チームによる世界水準の歯科医院
上質な暮らしを体験する空間で、「GohGan」 Vol.08を開催
目の前で開く大輪の花に、カラダもココロも震える