no09 美味しいが集まる国・シンガポールであちらへ、こちらへ、食べ歩き。

さまざまな文化と人種が交差する多文化の国、シンガポール。そんなシンガポールで出会ったイマジネーションをかき立てる新しくて個性あふれる料理の数々を紹介します。

美味しいが集まる国・シンガポールであちらへ、こちらへ、食べ歩き。[feature page 1]

一度は食べたいワールドクラスの料理

世界中のセレブリティたちを魅了したハイグレードホテルのシェフの味

no09_feature01_01
海洋貿易において今や世界のハブといっても過言ではないシンガポールには、世界のVIPを迎え入れるためのハイグレードなホテルが多い。数ある高級ホテルの中で今回ピックアップしたのは、『シャングリ・ラ・シンガポール』と『ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール』。どちらも国際会議の場としても利用される5つ星ホテルで、その品格の高さは各国の要人たちにも認められている。
最初に訪れたのは商業エリア・オーチャード地区に位置する『シャングリ・ラ・シンガポール』。このホテルには7つのダイニングがあり、中でも16のクッキングステーションを備える『ザ・ライン』と滝を眺めるダイニング『ザ・ウォーターフォール』は、わざわざ訪れたい人気のダイニング。そんな2ダイニングを取り仕切るのは、タイのラグジュアリーホテルや『シャングリ・ラ・ホテル・北京』を経て2013年の9月にこのホテルのエグゼクティブシェフに就任したライアン・ダデュファルザ。彼の料理の魅力は、さまざまな味や食感を一皿で体感できること。ステーキ一つとってみても、肉のジューシーな食感と野菜のシャキッとした食感が一度に楽しめるよう工夫されている。また甘いソースにマスタードを添えるなど、味に強いコントラストがあるのも特徴の一つ。その絶妙な組み合わせに世界レベルの技術を感じられるだろう。
no09_feature01_02
世界レベルの味という意味では、話題のマリーナエリアを代表する『ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール』の『サマーパビリオン』も負けてはいない。総料理長フォック・カイ・イェーシェフが率いるこのレストランでは、広東料理の技術を活かした現代的な中華が味わえる。彼の手にかかれば、焼きそばもアワビの煮付けや季節の野菜が添えられ、非日常的なゴージャスなメニューに早変わり。その繊細な味と大胆な挑戦は国内外でも高い評価を得ている。
世界の港・シンガポールには食材はもちろん、ホテルやシェフも最上級が集まる。世界レベルの味を体感したいなら、ホテルダイニングは見逃せない。
no09_feature01_03
no09_feature01_04
Shangri-La Hotel Singapore

エレガントなゲストルームとスイートが完備されたゾーンは、タワーウイング、ガーデンウイング、バレーウイングの3つのゾーンに分かれている。施設内の133,000本以上の木々が植えられた迫力のランドスケープガーデンも必見。

住所22 Orange Grove Road, 258350, Singapore
電話番号+65 6737-3644
WEBhttp://www.shangri-la.com/jp/singapore/shangrila
no09_feature01_05
no09_feature01_06
The Ritz Carlton Millenia Singapore

スカイラインやマリーナ・ベイの景色全貌が見渡せる新装したばかりの608室の客室や受賞歴のあるレストラン、心地よいスパなど、さまざまな贅沢を包括したホテル。周辺のアミューズメントスポットに徒歩圏内なのもうれしい。

住所7 Raffles Avenue, Singapore 039799 Singapore
電話番号+65 6337-8888
WEBhttp://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Singapore/Default.htm

この号のmutoをご覧になりたい方はこちらから

Feature Articles Back Numbers

Instagram

recommend

mutoが切り取った街の情報をボーダレスにピックアップ。身の回りで起こっているコト、注目のモノなどをここでチェック。

西日本初の米国専門医チームによる世界水準の歯科医院
上質な暮らしを体験する空間で、「GohGan」 Vol.08を開催
目の前で開く大輪の花に、カラダもココロも震える